問題B No.32~No.33 環境保全/過去問、出題傾向と重要項目集/1級土木施工管理の学科試験
1級土木施工管理の学科試験、出題傾向と重点項目の試験対策が掲載されています。http://kensetu-shikaku.gambaya.com/dobokusk/

1級土木施工管理の学科試験、問題B No.32~No.33 環境保全 は、次のものが、出題傾向として挙げられます。
建設工事の騒音防止対策の出題傾向は、騒音と機械選定、低騒音型機械の導入、整備による騒音対策、動力設備の騒音対策などから出題されています。
建設工事に伴う騒音振動対策技術指針の出題傾向は、3章の1 現行法令、4章の2 対策の基本事項、6章の2 掘削、積込み作業、6章の4 ブルドーザ作業、7章の2 運搬路の選定、7章の3 運搬路の稚特、7章の4 走行などから出題されています。
土壌汚染対策法施行規則の出題傾向は、65条 運搬に関する基準などから出題されています。
建設工事における濁水処理の出題傾向は、PH調整を行って放流、法面からの濁水発生防止対策、清水は濁水と分離する、降雨時の濁水発生抑制、自然沈殿法の採用、濁水処理施設の規模と能力、濁水処理と汚泥の処分、凝集沈殿法の凝集剤、濁水処理が必要な排水、濁度やアルカリ度の改善などから出題されています。
地盤への影響対策の出題傾向は、既製杭と側方移動、リバース杭と地下水位以下の掘削、オープンケーソンと摩擦低減対策、掘削を伴う杭施工などから出題されています。
建設機械施工の最適化と環境負荷低減の出題傾向は、情報化施工とは、重機や資材の変更、情報化施工とGPSやTSの利用、全体工程の改善策の設定などから出題されています。
.