夏と奴

2018/01/06

ゆくさきを見逃すまいとしても

一瞬、身をひるがえしては瞬く間に姿を消す

 

そうなればもう神経戦である

 

けれども! 奴は迂闊にも

私の手の甲にとまった

 

おやおや

私はお前をたたかずにはおれないよ

 

お休み 今年の夏はどうだった 蚊