修理ネタが続きます。コート修理と言っても正確には、ダッフルコートのトグルを止める革ひもの修理。

GLOVERALL(グローバーオール)ダッフルコート Mens【512C-OG】[正規取扱] (38, BLACK)

GLOVERALL(グローバーオール)ダッフルコート Mens【512C-OG】[正規取扱] (38, BLACK)

  • メディア: ウェア&シューズ
  • この商品を含むブログを見る
 

 買ったのは確か30年前。着なくなってしばらく経ち、もったいないので息子にやろうとしたら、趣味が合わないのか貰ってくれず。最近、今着ているのコートがくたびれてきたので、ひさしぶりにこれを着始めました。

そんなに傷んでないはずで、実際生地に傷みはないのですが、皮ひもがプツンと切れてしまいました。同じような悩みはあるようで、こんなサイトもみつけました。

上の写真もこの方のサイトからなのですが、自分のもまさにこの状態。しかも自分の場合は真ん中のトグルの革ひもなので、もっと始末が悪い。

サイトによると、本格的な修理には材料をイギリスに取り寄せたうえでリフォーム屋さんにお願いする感じで、2,000円以上はかかりそう。すぐに直したいので自分でやることに。

まずは壊れた黒革の財布から、革ひもの幅くらいで貼付け用に切り取りました。本当は同系統のあて革を服地屋さんとかで探した方がよいのでしょうが...

f:id:dods:20161224115137j:plain

次にそれを切れた革ひもの上に貼り付けました。以上。念のために革ひもの裏側と生地の部分にも接着材を少しつけておきました。接着剤は本当は手芸用とかがいいのでしょうが、家にあった木工用ボンドで代用しました。

f:id:dods:20161224115649j:plain

今回はなかなかのものではありませんか? しかも費用はタダでした。